金融イノベーション保護の統合セキュリティアーキテクチャを提供
 

リテールバンキングは、ビジネスを最適化し、変化する市場要件に対応するためにテクノロジーへの投資を積極的に行ってきました。競合他社にシェアを奪われないための、新しいビジネスモデルを採用するための技術が次々に導入されています。

しかし、そこにはネットワーク攻撃対象領域の拡大、規制圧力の高まり、標的型攻撃の増加など、様々なリスクと課題が生じています。特に銀行は金銭的利益を動機とするハッカーの攻撃対象となり、セキュリティ侵害が引き起こされています。

リテールバンキングが成長し続けるためには、弱点を突いて金銭的利益を得ようとする巧妙な脅威への対処が必要です。フォーティネット セキュリティ ファブリックは、銀行がセキュリティを強化し、セキュリティへの投資を確実に保護するための要件をカバーする統合セキュリティアーキテクチャを提供します。

フォーティネット製品を利用することで、銀行は迅速なイノベーションを可能にし、セキュリティリスクを低減するエンタープライズ向けセキュリティの構築と運用を実現することができます。



【目次】

  • 急速な変化と高まる脅威がリテールバンキングを危険にさらす
  • デジタルイノベーションを実現するサイバーセキュリティプラットフォーム
  • 高度な脅威からの保護
  • デジタル攻撃対象領域全体に対する可視性
  • インテリジェントな統合セキュリティアーキテクチャ
  • ワークフローの自動化とコンプライアンスの簡素化
  • 包括的なセキュリティに依存するデジタルアジリティ

https://si-forum.jp/wpdl_privacy 提供先企業:フォーティネットジャパン合同会社

https://www.fortinet.com/jp/corporate/about-us/privacy

フォーティネットジャパン合同会社

お申し込みはこちら

金融DX推進においてデジタルを活用したCXの高度化、顧客データを用いてパーソナライズされた新しい事業開発は必要不可欠です。一方でデジタルファーストの時代においても消費者への信頼を築き、ビジネス変革を加速できるようにするには、複数のセキュリティおよびネットワーク技術がすべての環境にわたってシームレスに連携する必要があります。フォーティネットは、ITセキュリティインフラを効率的に運用し、更に生産性と業務効率を向上させることができます。統合脅威インテリジェンスの単一ソースを通じて組織と顧客を保護することで、新しいデジタルサービスからの収益が増加するだけでなく、堅牢なセキュリティで金融DXに必要なデジタルプラットフォームをサポートします。